Reconstructed Dresdner Frauenkirche 3.7.2011

再建されたドレスデンの聖母教会
ドイツ東部ザクセン州の州都であるドレスデンには2011年7月、プラハ中央駅から列車で向った。市制800年を越す古都ドレスデンはかつては「エルベの真珠」とか「エルベのフィレンツェ」と讃えられた美しい街並だったが、第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けた。しかし近年、廃墟と化した建物を可能な限り元の建材で再建する試みは「ヨーロッパ最大のジグソーパズル」と評され、新旧の石材との組み合わせがモザイク模様を描き出すそれらは、戦争の愚かさと再建にかける不屈な意思を物語っていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中