Paris 8th district of Place de Dublin sunset 9.7.2009

パリ8区デュブラン広場の夕景
華の都といわれるパリを訪ねたのは2009年7月だが、どんよりと重く立ち籠める雲、時折降り注ぐ雨、ほんのつかの間の青空、そしてまたグレーの空の繰り返しだった。 でも時折、旅人の私の足を止めさせるのは憂鬱そうな街がかすかに覗かせる喜怒哀楽の表情を見せる瞬間だ。そんな一瞬に導かれるようにひたすら石畳に歩みを刻んだ旅だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中